チアシードは満腹感が持続する

チアシード、TV特集どとりあげられたりしたこともありますが、意外と耳にしたことはないかもしれません。

 

先日、チアシード入りのクッキーのサンプルというのを手に入れたのでちょっと取り上げて見ることにしました。

 

チアシードクッキーの試食品ということで、確かチアシード入り豆乳おからクッキーだったと思いますね。

 

豆乳クッキーとか、おからクッキーっていうのはこれまでにもダイエットフードの定番とされて来ましたよね。

 

それにチアシードを配合したものだから、きっと効果は倍増という期待は出来るかもしれません。

 

て、このチアシードというもの、いったいなんなのかと調べてみたところ

 

南米原産の植物チアの種子の事、で特にメキシコ産はよく知られているものらしいです。

 

で、その効果はどんなものなのかというと、チアシードは満腹感が持続するので自然に食事制限が出来る事らしいです。

 

空腹感を押さえることは、食事制限でのダイエットには重要な要素ですから、期待したいところです。

 

なんでも、チアシードは胃の中に入ると、10倍位に膨れ上がるようで、要するに大きくなることで、たくさん食べた間を体にあたえるということらしいですね。

 

チアシードを食べたておくと、空腹感を忘れることができるようで、寒天やこんにゃくを使ったダイエット色と似たようなものではないかと思います。

体験してみた

今は、楽天やアマゾンで簡単に手に入ります。

 

ということで、いくつか、購入して試してみました。

 

そのままでも食べられるようですが、体内の水分を吸収るようで、水でふやかして食べた方がいいようです。

 

見た目ゴマのような感じですが、水に溶かして食べると確かに、おなかが膨らんだ感じがしました。

 

ただ、これだけ食べても味が無いので、やはり何か料理に入れないとだめですね。

 

その料理自体のカロリーが高いとあまり意味が無い気もします。

 

ただ、満腹感は確かにこれを入れるのと入れないのでは結構違う感じがしました。

 

効果はあると思います。

ページの先頭へ戻る