プログラマーは副業にも独立にも優位

やはりIT需要は大きく、プログラマーの仕事は需要があります。

 

インドなど、人件費の安いところに、仕事は依頼したりするようになっているようですし、

 

会社員のSEやプログラマーなどは、仕事はきついし、給与は安いということらしいですが、フリーのプログラマーは、年収1千万円は普通らしいです。

 

請負の仕事ではなく、自ら商品を作って独立開業するにもプログラマーは大きな可能性を秘めていると思います。

 

ネットビジネスツールや、トレードツールなどを作れれば、それを自分の商品としてうれば、十分木偶利と開業できる収入なるでしょう。

 

一般的な独立開業方法のパターンとしては、専門学校などで、プログラムを学んだり、理系を出て、就職誌、そこで身につけたりして

 

経験をつんでから、脱サラというのがベストな方法だとおもいます。

 

ただ、ネットツールぐらいならば、独学や通信教育レベルでもなんとかかると思いますので、挑戦してみてもいいと思います。

通信講座でスキルを身につけて在宅で稼ぐ

在宅で仕事ができるというのは、それなりのスキルがなくてはなりません。

副業であっても、独立開業を目指しているのであっても、在宅の仕事ができれば、リスクがすくなく収入が得られるので、

在宅で仕事ができるという特殊なものがあるというのは、とても有利な事です。

それを手に入れるには、やっぱり何かスキルか資格のようなものがあることが出発点となると思います。

在宅ワークをするにも、資格がアピールポイントになるでしょうし・・・

ネットを介してコンサルティングなどをするにも、資格などが最低でもなければ信用してもらえませんからね。

ですから、在宅仕事アルバイト、または独立をしたいとおもっているのならば、まずは何かを身につけるといいでしょう。


そのためには、まず、学ぶこと。通信講座などで、自宅で少しずつでも毎日時間を作って学習することでしょう。

ページの先頭へ戻る