一人の起業でも悩み相談できるパートナー起業がいい

単独での起業、独立開業が悪いとは言えませんが、一人で全てを解決するのは困難な場合もありますし、自分にない知識やスキル、経験なども必要になる場合があることを考えると、ちょっと不安です。

独立する時は、パートナーとなってくれる人や、同じような起業家を見つけて手を組むことでお互いに助かる人が沢山あると思います。
何かの時に、悩み相談できるだけでも、ストレスを軽減させ、冷静な判断をとりもどせますから、解決策をもらえなくても、悩みが相談できる人を持つことが、起業を成功に道人思います。
パートナーを見つけたければ、異業種交流会や、インターネットの独立や起業に関する掲示板サイトを捜してみるといいと思います。
つぎにどのようなパートナーとを見つけたらいいかを考えてみると、例えば若い人ならば、自分にない豊富な経験をもった人が欲しいとおもいませんか?
とはいってもそういう人はそんなに起業しているわけではありませんね。
でも今ならば、さがすのはそんなに難しくないかもしれませんよ。
たくさんの経験をもつ人が、社会に放出されていますから・・・そう団塊世代です。
団塊世代の大量の退職が始まっています。
沢山の経験と知識をもってまだまだ元気で、再相職をしたり、独立をしたりする人もいます。
ネットやPCにはあまり強くなと思いますが、それ以上に蓄積された経験があり、時間的なゆとりもあり、悩み相談するには、人生の先輩手してもうってつけです。
場合によっては、更には団塊世代のマーケットへのビジネスチャンスになるかもしれませんし。
独立開業には、お互いに悩み相談できるパートナーとなる見つけることによって貴方の独立開業のチャンスが広がって行くのと思います。

ページの先頭へ戻る