レンタルオフィス、店舗併用住宅、自宅開業などの独立開業方法

独立開業、起業のためのオフィスや店舗の考え方として、レンタルオフィス、や店舗併用型住宅にしての自宅開業というものがあげられます。

レンタルオフィスですと、コピー機やインターネット回線ぐらいはたいてい用意されているので、コピー機をリースしたりする費用なども節約できると思います。

テナントを借りて店舗やオフィスを設置するのでしたら、自宅を増改築して、または立て替えたり、新規建てたりを考えることができます。

店舗併用住宅を建てれば、自分の資産としてずっと残るので、借りるよりも良いこともおおいと思います。 今は金利が下がっていますので、住宅ローンを組むにはいいかもしれません。

住居部分が50%以上という条件をクリアーすれば、フラット35住宅ローンという代表的な長期固定金利で組むことができます。

金利がいずれ上がってくるでしょうから住宅ローンが組めるかどうか、事前審査をしてみるといいでしょう。

キッチンカーでコストをかけずに飲食店開業

飲食店は、居抜き物件を利用すれば、開業資金は抑えられるのは確かですが・・・

それにしても、開業にかかわる経費は結構な金額です。
ですから、融資を受けることが普通でしょうから、返済に追われるのでうまくいかなかからといってすぐにやめたり、方針転換できません。

そういうリスクを考えれば、店舗をもちよりも移動販売でききる、キッチンカーで試してみたほうがいいと思います。

>レンタルのキッチンカーもありますから、味の評判なども確かめられもす。

レンタルならば営業許可もついている場合がおおいですから、その場所でどの程度うれるかという市場調査もできるわけです。

それで売り上げから計算して、実際にキッチンカーを所有して、どの程度で資金回収できるかというのを確認するのもいいでしょう。

飲食店はFCで脱サラ開業する人なども多いですが、FCはロイヤリティーでかなり売り上げから持っていかれてしまうので、よほどしっかりした本部ででないと

なかなか長く安定して経営していくのは大変だと思います。

飲食店開業は人気ですが独立ビジネスとしてどうでしょうか?

自宅開業と保育ママ

在宅ワークはいわば、自宅で仕事をするわけですから、自宅開業でもあるわけです。

仕事をするだけの場所でなく、営業の拠点として自宅がりようできるのでしたら、

内職のようにただ作業をするだけの、請負の仕事だけでなく、

自部下で積極的にビジネスができるでしょうし、そのほうが利益も大きくなると思います。

もちろん、自宅を店舗のように使えるかというと、そんなに条件が整っているところはないとは思いますが

今、有望なのは自宅をそのまま仕事場として開業できる「保育ママ」なんていいのではないかと思います。

これは自治体が主体となって、推進していますが、多くの場合、看護師や保育士の資格を有する人という条件があるようですが

保育士ならば、誰でも独学で取得できますからいいのではないでしょうか。

なにより確実に需要があるわけですから、内職などするよりすっといいはずです。
ページの先頭へ戻る