太陽光発電の全量買い取り価格は4月に見直される

ようやく太陽光発電の発電した電力が全了解鳥になりましたね。

買い取り価格も42円で、10年間で契約できるので、22円で電気をかって、発電した分は全部うれるのですから、

これはかなりお得な話です。

しかし意外と知られていないのが、この買い取り価格は契約した粘土で変わる予定です。

普及にともなって、買い取り価格は下げられていきますので、今年の3月までの買い取り価格は42円ですが、4月から下げられるかもしれません。

新エネルギーへの代替えが進められていますのであまり下がらないかもしれませんが、東電自体赤字ですので、大幅に削られるかもしれません。

もし太陽光発電を考えているのだったら、早めに見積もりしたほうがいいでしょう。

太陽光発電一括見積サイトを複数回ればかなりの量の見積もりを比較できると思います。

*訂正
どうも7月に見直しされるようで、6月までは42円買い取りのようです。

ページの先頭へ戻る