独立開業脱サラする前に、保険、年金の見直しも必要です

独立開業を脱サラしてする場合、保険の色々な手続きを忘れないようにしましょう。

 

年金だって、切り替えなければなりませんし、民間の保険だって保証の見直しなどを考えた方がいいでしょう。

 

厚生年金や、企業の健康保険は脱会になるので、無保険の期間がないようにちゅょういしないといけません。

 

企業にいるときよりも、病気や怪我をしたときの経済的な補償は減ってしまいます。

有給もなければ、誰かが代わりに仕事をしてくれることもないのです。

 

体をこわしたら、全く収入がなくなるというリスクもあるということも念頭にいれ、ただし、毎月の経費は少なくしておかないと、軌道に乗るまでは、少しでも経費は抑えたいでしょうから。

 

中小の企業者向けには、中小機構共済というものがあり、疾病や怪我などで、資金が必要になったときの貸付などの制度がありますし、退職金がわりの積み立てもできます。

 

退職というものがないので、引退して廃業する場合に払われるものです。

 

毎月の掛け金も自分で払える分に設定できますので、独立開業するならば加入しておくとリスク軽減になると思います。

 

独立の時期はどのタイミングか

在宅ワークをしながら資金をため、いざ脱サラし、晴れて独立開業する時期っていつがベストでしょう。

もちろん答えがあるわけではありませんが、基本的に、独身の時がいいでしょうね。

理由としては、結婚したり、またその後に子供ができたりした場合、そこには、守るべきものが、今以上に増えていくのです。

独立した後に、自分自身がその重圧とプレッシャーに負けてしまう可能性も高いですね。

それは、脱サラしたことで生活維持ができないという気持ちが出てしまい、踏ん切りがつかなくなってしまう可能性も高いと思いますね。

そう考えると、独り身のうちに、脱サラした方がすべきだといえます。

何があっても、自分だけが犠牲になるという状態のうちに行動すべきです。自分の意思だけで決定できるうちが花!身軽なうちに行動しましょう!

それでも、結婚していても、脱サラし、独立するならば、かなりの覚悟と、ある程度のリスク管理が必要だといえますね。

独立開業方法・独立夢辞典が独立のヒントになるでしょう。

資金

在宅ワークで依頼をうけて仕事をするだけならば、基本的に資金はいりませんが・・・

自らビジネスを始めるのならば、多少なりとも、宣伝などの資金は在宅の仕事といえども必要でしょう。
ただ自己資金が無いからといって、すぐに簡単に借りる事の出来るビジネスローンを利用しないで下さい。

どうしても開業資金が必要な場合でも、せめて半分は自己資金で補うよう努力して、残りの足りない部分は銀行や政府系の金融機関を利用するようにしましょう。

出来るならば融資は受けたくありませんが開業資金は全てを自己資金で補うのは大変な事ですから、しっかりとした事業計画があって、独立を目指す場合は事業ローンもひつようでしょう。

ですから、銀行などしっかりとした金融機関で融資を受けることをおススメします。

民間のビジネスローンは高金利で返済期間は数年と非常に短いものが多いので、折角起業してもローンの返済ばかり考えて事業に専念できない可能性もあります。

事業計画がしっかりしていれば政府系の金融機関もきちんと融資してくれます。

ページの先頭へ戻る